toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

プランニング

家が出来るまで

ご家族みなさまの住まいに対する想い、ご要望をお聞かせください。
弊社の仕事の進め方や、土地探し、資金計画、外観デザイン、インテリアデザインなど、施工例など見ていただきながらご提案させて頂きます。

   

弊社

施主様

   
 
出会い~ご契約  
出会い、ご相談
ご家族のみなさんの住まい(家)に対する想い、ご要望をお聞かせください。また私たちの仕事の進め方、住まいに関しての考え方などもお話いたします。面談と同時に作品集もご覧いただけます。(※ご相談は無料です。)
   
   
敷地について
土地が決まっていない場合は土地探しから始まります。当事務所は不動産業務を行っていないため、不動産業者をご紹介させていただきます。

法規的調査、敷地・環境の分析

  • ・法規的に建築が可能かどうかを調査します。事前申請が必要であれば申請をします。
  • ・敷地(現地)を見て隣地との関係、そこから見える風景、季節によっての陽光の入り方、風の流れなど環境に関する分析を行います。
   
   
ヒアリング
  • ・より詳しいご要望をお伺いいたします。ご家族の皆様の住まいに対する夢、ご要望、日常の生活サイクル、趣味などをお聞かせください。
  • ・建築資金、諸費用など建築全体のマネージメントに関するご相談も合わせていたします。
  • ・総合的なライフプランについては、ファイナンシャルプランナーをご紹介することもできます。
   
   
プレゼンテーション
3~4週間のプラン制作期間ののち、基本プランをご提案いたします。内容は設計趣旨、設計概要、平面図、立面図、断面図、パース、建築模型などです。また、契約前に建築資金計画書を提出させていただきます。
   
   

※ご相談からプレゼンテーションまでは無料です。

   
           
1~2ヶ月  
ご契約

建築設計・監理業務契約

基本プラン・建築資金計画が確定し、当事務所の提案を納得、了承していただたいた上で建築設計・監理業務契約を締結いたします。

設計・監理料

  • ・建築工事費の10%~(建築工事額により設計・監理料の計算が異なります)。
  • ・新築の場合の設計・監理料は最低金額を200万円(消費税別)とさせていただいております。
  • ・増改築(リノベーション)の場合の設計・監理料はご相談ください。
  • ・建築地が遠方の場合、別途交通費をいただく場合がございます。

設計・監理料に含まれない費用

  • ・建築確認申請費用
  • ・その他必要な申請費(建築許可申請、開発申請など)
  • ・申請手数料(証紙など)
  • ・地盤調査費用
  • ・鉄骨造・RC造については構造計算費用

業務報酬の支払い及び時期

  • ・委託契約成立時、契約金額の50%
  • ・中間時(上棟時もしくは基礎着工時)契約金額の25%
  • ・業務完了時(引き渡し時)、契約金額の25%(工事費に差額が出た場合はここで調整いたします)
   
   

基本設計・実施設計
(約2ヶ月)

質疑・応答
その他打ち合わせ

   
           
3~4ヶ月  
見積依頼
建築設計図書が完成したら建築施工会社に見積を依頼します。
※入札方式の場合もあります。
     
   
見積検討
建築施工会社から提出された見積をもとに、計画に合う建築施工会社を選定。同時に工事予算金額が合わなければこの時点で調整します(設計変更、工事金額調整など)。
   

監理業務開始

 

工事施工会社との事前協議

建築工事請負契約
ご希望に合った建築工事会社と施主様で建築工事請負契約を締結していただきます。
   
   

建築確認申請受理
(約2~3週間)

工事契約金
(着手金)

   
5~8ヶ月    

地鎮祭

 

工事進行状況を
把握して
いただきます。

     

上棟式

   
     

工事中間金

   
           
9~10ヶ月  

木工事完了時・事務所中間検査

     
     

ご融資の手続き

   
           
11~12ヶ月  

事務所完了検査

     
     

お引渡し

   
     

工事最終金

   
     
登記
弊社でも専属の司法書士、土地家屋調査士がおりますのでご相談ください。
   
     

お引越し

   
 
   

弊社

施主様

   

※この工程は建物の構造規模によって異なります。
※表示している工事施工会社へのお支払い時期は一般的なものです。
※「建築士法第24条の5の規定により閲覧に供する書類」を備え置き、求めに応じ閲覧できます。
※必要に応じ建築士法第20条、建築士法施行規則第17条の14の2、17条の15の規定は工事監理報告書内、または別紙にてご提出いたします。