toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

「音風景の家」

建築場所は市街地より少し離れ、近くには大学のキャンパスもある環境豊かな場所に建つ。敷地は農地を宅地造成し、裏山の竹林を望む。少し変形した敷地形状で、駐車場を兼ねたアプローチを設け、ポーチ、玄関へと向かう。玄関には広めの収納を設け、ホールより室内に入ると吹き抜けになったラセン階段とその対面に独立した4.5帖の和室がある。リビング、ダイニング、キッチンは約19帖のひと繋がりになった空間となり、リビングとダイニングにはそれぞれテラスを配置している。家事動線を考慮した間取りで、キッチンより、便所、洗面脱衣室、浴室へと繋がる。洗面脱衣室からはドライニングエリアとなるサービスヤードへ、また浴室からはバスコートの植栽を望む。建物の一部張り出した位置に設けた鉄骨ラセン階段を上がる。中央に廊下を配し、それぞれ2つの子供室と廊下を挟み寝室、納戸、便所、ベランダを設けている。階段室の外壁を板張りとし、木製建具、化粧になった軒の梁など、有機的なマテリアルが景観と馴染む。また裏山の竹林に小鳥のさえずりが谺(こだま)する、心地良い音風景豊かな住み処となる。

「音風景の家」 概要

建設地
岡山県倉敷市
主要用途
専用住宅
主体構造
木造2階建
建築面積
74.75 ㎡
延床面積
122.41 ㎡
設計期間
平成25年5月 ~ 平成26年7月
工事期間
平成26年9月 ~ 平成27年3月