toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

「Gallery ONO」

南イランの遊牧民や村人が羊の毛を手で紡ぎ草木で染めて手織った「ガベ」と呼ばれる絨毯を、長年に渡って扱っているギャラリーの移転に伴うリノベーションである。 店主の自宅の一部とガレージを改修してギャラリーとする計画は、以前のギャラリーのイメージを踏襲する形で進められた。 ギャラリー部分ファサードの外壁は、住宅部分との差別化を図るためボーダータイル貼りとし、入口ドアとFIX窓の枠は、イメージカラーのモスグリーンに色付けた。ギャラリーに入ると、アジアを中心としたオリエントなどの古いものを展示するスペースとなる。ギャラリーから靴を脱いで上がる「ガベ」の展示スペースは、元の和室を生かした最小限の改修とした。畳と塗壁 の和室に素朴な絨毯がよく映え、ゆっくりと「ガベ」を吟味できる落ち着いた場所として活かされている。
店主の確かな眼で選ばれた「ガベ」とオリエントの古いモノたちに囲まれたシンプルな空間には、通りの喧騒から隔絶された静寂な世界が広がっている。

「Gallery ONO」 概要

建設地
岡山県岡山市
主要用途
店舗併用住宅
主体構造
木造2階建