toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

「森と暮らす家」

場所は市街地より少し離れた場所で、数件の民家と、自然公園を正面に望む事ができる自然豊かな環境に建つ住宅である。敷地は十分な広さを持ち、植栽や外遊びが楽しめるような広場と、庭を兼ねたアプローチを設けた。玄関は最低限のスペースを確保し、リビングと同室のホールの横には薪ストーブを設置している。リビング、ダイニング、キッチンはワンルームとなり、この空間はすべて吹き抜けとなる。他にコンパクトにまとまった書斎とサニタリー、納戸がある。

階段を上がり2階ホールからは寝室のみ繋がり、同じく2階に配した子供室は1階に設けたハシゴを昇り進入する。この2つの部屋は吹き抜けを向いて開放され、狭さを感じさせない空間となっている。また、子供室の階は少し低めに構えているため、ロフト感覚の部屋になる。ひっそりと佇むこの住宅の部屋からは、四季折々の森の風景を眺められ、森と暮らす心豊かな住まいになる。

「森と暮らす家」 概要

建設地
岡山県岡山市
主要用途
専用住宅
主体構造
木造2階建
建築面積
49.68 ㎡
延床面積
70.79 ㎡
設計期間
平成27年4月 ~ 平成27年7月

工事期間
平成27年10月 ~ 平成28年3月